最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

原子力時代における哲学

  • 59 読みたい
  • 75 現在読んでいるもの

発行元 白井聡 .

    Download 原子力時代における哲学 本 Epub や Pdf 無料, 原子力時代における哲学, オンラインで書籍をダウンロードする 原子力時代における哲学 無料で, 本の無料読書 原子力時代における哲学オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 原子力時代における哲学 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  國分功一郎
    • シリーズ名:  原子力時代における哲学
    • 発売日:  2019年10月04日
    • 出版社:  晶文社
    • 商品番号:  4916603800001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    3.11で原子力の平和利用神話は崩れた。人間の叡智は原子力に抗し得なかった。哲学もまた然り。しかし、哲学者でただ一人、原子力の本質的な危険性を早くから指摘していた人物がいる。それがマルティン・ハイデッガー。並み居る知識人たちが原子力の平和利用に傾いていくなかで、なぜハイデッガーだけが原子力の危険性を指摘できたのか。その洞察の秘密はどこにあったのか。ハイデッガーの知られざるテキスト「放下」を軸に、ハンナ・アレントからギリシア哲学まで、壮大なスケールで展開される、技術と自然をめぐる哲学講義録。3.11に対する哲学からの根源的な返答がここに。

あなたも好きかもしれません

原子力時代における哲学 by 白井聡 ダウンロード PDF EPUB F2