最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

迫りくる沖縄危機

  • 31 読みたい
  • 35 現在読んでいるもの

発行元 沖縄ナンデモ調査隊 .

    Download 迫りくる沖縄危機 本 Epub や Pdf 無料, 迫りくる沖縄危機, オンラインで書籍をダウンロードする 迫りくる沖縄危機 無料で, 本の無料読書 迫りくる沖縄危機オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 迫りくる沖縄危機 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  惠隆之介
    • シリーズ名:  迫りくる沖縄危機
    • 発売日:  2014年11月28日
    • 出版社:  幻冬舎ルネッサンス
    • 商品番号:  4912909890001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    もし沖縄が日本から独立したらどうなるのか。ロシアが武力行使せずに粛々とクリミアを併合したように、中国からは人民解放軍が押し寄せ、沖縄は独立国にさせられ、中国の支配下に置かれる。さらに、中東から日本への石油輸送ルートである東シナ海をふさがれたら、すぐさま日本国内はパニックに陥る。沖縄での中国の異常な行動のすべてを、ジャーナリスト・惠隆之介があぶり出す!

あなたも好きかもしれません

迫りくる沖縄危機 by 沖縄ナンデモ調査隊 ダウンロード PDF EPUB F2

よるの1時から読んで3時半に読み終った、すぐ寝ようと思ったが寝ることが出来ない興味深い本だった、沖縄のシナの侵略の危機と全国の左翼が集結して、やりたいほうだの実態がわかった
マスゴミは反日一色で、ネットの世代が立ち上がってきたというのはチョッと安心
知事選の前に書かれてるが、翁長を警戒してる沖縄をシナに売り飛ばす売国奴だと
翁長がネットで言われてる、以上に悪質な人間というのも良くわかった
教育も日教組と結託して愚民化政策を推進してると、龍柱も5千満で出来るものを2.5億払って
差額を左翼の活動に流してるふしもあるし、沖縄の若い人間は本州と同じ感覚でマスゴミを批判して
保守活動してるとわかった
交付金のうち800億円が左翼の資金活動に流れ、選挙は左翼の不正だらけってのも把握できた
翁長は本当に独立を画策してるようだ、軍事政権といわれても良いから逮捕、外患誘致で処分して
貰いたい、興奮してるので単なる感想文になってしまったww